弁理士

スポンサードリンク


新しい発明やアイデアを特許庁に登録することで、考案者の権利を守る事ができます。
また、工業品のデザインを保護する意匠権や商品のマークなどの商標権というこれらの権利を特許庁に出願するのが弁理士の仕事です。

■問合せ先
特許庁総務部秘書課弁理士室
試験第一係
03-3581-1101
http://www.jpo.go.jp/

司法試験
中小企業診断士
MBA